トップ > 一般的な皮膚疾患について

一般的な皮膚疾患について

当院で行っている治療

  • 水虫・爪の水虫
  • タコ(べんち腫)・ウオノメ(鶏眼)
  • 巻き爪・陥入爪
  • 蕁麻疹
  • アトピー性皮膚炎
  • イボ(老人性疣贅)
  • 足の裏のものは”たこ”や”うおのめ”と間違える方も多いのですが、パピローマウイルスによる感染症ですので、放っておくと拡がります。凍結療法(液体窒素でイボの下に水ぶくれを作る方法)を中心に皮膚を腐食させる軟膏の外用も併用して治療します。

    足底の難治性のイボには、当院のフットケア技術を生かし、ドイツ製のフレーザーで厚くなったイボを削り、治療期間が短くなるようにしています。

  • 軟属腫ウイルスによるウイルス感染症で、お子様に多くみられます。小さな結節をつくり、典型的なものは中央におへその様なくぼみが出来ます。多くは、放っておくと増えるため、専用のピンセットで一つずつ摘除します(痛みを伴うため、ご希望があれば事前に局所麻酔のテープを貼ります)。

  • 首や腋かに中高年期にできるイボは、主に線維腫と言われる皮膚の良性腫瘍です。放っておいても悪性変化はみられませんが、見た目や触った感触が気になる場合は治療の対象となります。

    治療法は、小さなハサミによる切除や、液体窒素による凍結療法、CO2レーザーによる焼灼です。

  • とびひ(伝染性膿痂疹)
  • かぶれ(接触性皮膚炎)
  • 手荒れ(主婦湿疹)
  • ニキビ(尋常性痤瘡)
  • フケ症(脂漏性皮膚炎)
  • 円形脱毛症
  • 乾癬(尋常性乾癬)
  • 掌蹠膿ほう症
  • 白斑(尋常性白斑)
  • 皮脂欠乏性湿疹
  • 皮膚腫瘍
  • ほくろ
  • 床ずれ
  • やけど
  • 水疱瘡(水痘)
  • 手足口病
  • 突発性発疹

等、皮膚の疾患全般