トップ > 不整脈・息切れの相談・治療(ホルター心電図)

不整脈・息切れの相談・治療(ホルター心電図)

心臓は全身に酸素と栄養素を運ぶ血液を押し出す大切な仕事をしています。1分間に60から80回、拍動することにより5リットル前後の血液を送り出します。脈が乱れても、早くなりすぎても、遅くなりすぎても十分な血液が送り出せなくなり、動悸・息切れ(息苦しさ)、めまいなどの症状として出現することがあります。また、高齢化にともない60歳以上の10人の1~2人に心房細動という不正脈がおこり、重篤な脳血栓症(脳梗塞)をひき起こすことが問題となっています。しかし、脈の乱れを感じて来院される方もいますが、放置している方や脈の乱れを感じない方も多くいるため、定期健診をお勧めしています。

当院での治療について


当院では、心電図検査、ホルター心電図(24時間心電図)やエックス線検査、心臓超音波(エコー)検査により、不整脈・狭心症の診断や治療を行います。ホルター心電図は手のひらサイズでとても小さく、日常生活、テニス、ハイキング時など気になる時間帯を含めた夜間、24時間をとおした心電図記録が可能です。比較的正確な診断ができ、重篤な不整脈のときは3日間程度で緊急報告することもあります。同時に脈拍のゆらぎより睡眠時に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症を指摘することも可能です。日常生活に支障をきたすことなく、不整脈、狭心症の診断および治療効果を簡単に評価できる有用な検査です。

検査時間 自宅で24時間施行
検査方法 検査は2日間来院が可能で、当日のみ入浴はできません。仕事やスポーツ、日常生活時の心臓の状態を調べるのが目的です。当日、電極を5つ胸につけて、記録する小型機器をベルトで腰に止めます。24時間後に再び来院して、検査機器および電極を外します。2週間後に解析結果を外来でご報告いたします。(危険な不整脈、狭心症発作時、3日間程で自宅へ緊急連絡が入る場合があります。)
検査でわかる病気 不整脈、除脈、頻脈、狭心症、早朝時出現する胸痛(冠攣宿狭心症・異型狭心症)など。
検査費用 3割負担の場合:5,800円 
1割負担の場合:1,500円
検査の予約について 2日間来院が可能で、当日のみ入浴はできません。

また、心臓超音波(エコー)検査は、横になって20分程度、超音波端子を胸にあてるだけで、さまざまな心臓の病気について正確な診断をおこなうことができます。当院では実際の心臓の動きや心臓内の血液の漏れを見ていただいて、納得していただいてから必要な内服治療や詳しい検査や専門的な治療が必要な場合は連携医療機関に紹介させていただきます。